車いすの問題

車椅子の移動に便利な段差解消機

車椅子で移動をする時には平坦な道ばかりではありません。特に施設利用においては道の歩行以上に、困難が付きまとう可能性が高いと言えます。なぜなら建物のほとんどは、健常者のために設計されているからです。健常者なら簡単に移動できる場所でも、車椅子のユーザーが苦労するケースは多々あります。なぜなら玄関に高低差が設けられていない施設の方が少数です。 上下移動は車椅子の最大の難関と言えますが、それを解決する道具は存在しています。段差解消機と呼ばれる車椅子の専用のアイテムです。玄関や高低差のある場所に常備する事で、車椅子でも安全に移動できるようになります。足の不自由な人にとって恐ろしい事は、安全性の配慮されていない場所なので、段差解消機の設置は集客効果があります。

福祉目的の機械の導入は効果的

段差解消機が注目されるようになったのは、車椅子のユーザーが多いからだけではありません。そもそも福祉を目的とした活動は、好意的に捉えられる効果があります。だから段差解消機だけでなく障害者に合わせた設計思想は、お店や設備に対する好感を植え付ける効果があるのです。それを果たすためにも段差解消機の導入は優れた手段と言えます。 そしてそれに注目した業者が、試験的に段差解消機を貸し出すサービスを行っています。ごく短い期間であれば無料で行われているサービスも少なくありません。そのサービスを活用する事で集客効果の大きさを確かめる事ができます。高齢者が増加した日本にとって福祉を目指した活動は、これから必須事項になる可能性があるのです。