バリアフリー

介護リフォーム界の社会環境変化

日本の人口は2010年をピークに減少しています。 介護リフォーム業界では、既存の住宅はバリアフリー化や耐震性の強化省エネ化が進んでおらずそれらの性能の強化が必要とされています。東日本大震災の後、住まいには安心安全を重視する人が増えました。 介護リフォームのバリアフリー工事は、手すりを付け、階段など段差があるものはなるべくなくすなど高齢者や障害者の負担を軽くするようにします。トイレには車椅子と介助する人が入れるスペースを設け、ドアは引き戸にするのがいいと言われています。浴室は、すべりやすいので床を滑りにくくし、入浴を介護補助する手すりや、浴室をまたぐ際の高さなどにも注意をし介護リフォーム工事をします。このようにリフォーム業界は安心で安全で経済的なものへと変化しています。

介護を考えるリフォーム

介護が必要になりリフォームが必要になった時、現在の住まいをしっかり見直してください、当たり前に元気な人が、当たり前のことを出来なくなって何が必要か? また、要介護者が安全で過ごしやすいだけでなく、一緒に暮らす家族にとっても生活しやすいことが重要です。 歩いたり、立ったり日常の動作が困難になった時、介護が必要になった時思わぬ事故や怪我をしない為にも、介護リフォームは高齢期の生活に配慮して、今だけではなく将来を考えてリフォームを慎重に進めて行くことが重要です。 介護リフォームは高齢者が生活しやすいだけでなく、同世代の友人が訪ねやすい環境を作ることで、世間から隔離された暮らしにならないようにする事も大事です。