介護の必要性

介護リフォームで生活が改善できます

同居している家族に介護が必要になった場合、今まで当たり前のように暮らしていた家での生活が困難になります。介護度にもよりますが、要介護1〜2である程度のことを自力でできる場合は家の中に手すりをつけるだけでもかなり生活しやすくなります。お風呂やトイレなどにも手すりをつけることで転倒防止にもつながります。介護リフォームは近年はとても増え、各市町村で補助金制度もあります。自己負担金を極力かけずに介護リフォームをすることも可能なケースがありますので、まずはリフォーム業者や役所に相談することをおすすめします。ほんの少しの工夫で介護をする側もされる側もラクになり、快適な生活ができます。最初から諦めず、家で生活できるよう改善しましょう。

介護する側もされる側も嬉しい介護リフォーム

体が不自由になってしまった時、介護リフォームをすることで生活を改善させることができます。介護はする側もされる側もストレスがかかるものです。介護リフォームと言うとどうしても大掛かりなリフォームをイメージしてしまいますが、小さな改善だけでも生活が変わります。真っ先にすることは手すりをつけることです。段差が多い家なら段差をなくすことも大切です。また、トイレは一番使用頻度が高いため、使いやすく改善することもおすすめです。介護が必要になると座った状態で立つのが難しくなります。家での生活ではなるべく椅子やベッドなど床に直接座らなくても良いようにすると便利です。ほんの少しのリフォームが過ごしやすい空間になります。