多くの介護者

介護職員初任者研修を受ける方法

平成25年4月から、法制度の改正の伴い、訪問介護員養成研修と介護職員基礎研修が「介護職員初任者研修」に一元化されました。 介護職員初任者研修を受講する場合は、各都道府県が指定した介護職員の養成機関に申し込む必要があります。 介護職員初任者研修では、養成機関において講義と演習が行われます。実習は必須ではなく、必要がある場合は行われることがあります。 介護職員初任者研修のカリキュラムは講義と演習の両方を含めて合計130時間と決められており、終了後は1時間程度の筆記試験が課されます。この筆記試験に合格した場合は介護職員初任者研修の修了者と見做され、ホームヘルパーなどの介護関係の仕事に就く資格が得られます。

研修の志望者増加とその理由について

近年は介護職員初任者研修を受講しようとする人が非常に増えています。日本人の平均寿命が延びた事による利用者である高齢者の増加も原因の一つですが、長引く不況や派遣切りにより、介護業界以外で突然職を失う若者や中高年が増え、ある程度働く人間のニーズが見込まれている介護業界を志望するようになったのももう一つの理由であるように考えられます。 また、最近は大手企業が介護業界に多く進出しており、介護職員の受け皿が非常に大きくなったうえ、介護業界自体の知名度が上がってきたのも介護職員初任者研修のニーズが高まった理由の一つとも考えられます。近年はアベノミクスのおかげで少し景気が上向いてきた感がありますが、このような動きはまだ続くことでしょう。