ベッドの進化

マッサージベッドの歴史

マッサージベッドとは、マッサージ全般に使用される、いわゆる「台」のことです。 昨今、マッサージベッドは多様な用途で使われており、現在もなお改良が続けられています。 今では形や大きさや高さなど、用途に合わせたものが選べる時代となっています。 ここでは、マッサージベッドの歴史を見てみることにしましょう。 マッサージベッドは、人の体の構造を研究しながら発展してきました。 就寝時の姿勢や日中生活している時に生じる歪みの強制を目的として工夫が重ねられてきたのです。 近年では、反発の程度や衝撃吸収機能のある素材にもこだわったベッドが発明されています。 マッサージベッドと言うと、マッサージ限定で使用するベッドだと思われている方もいらっしゃると思いますが、マッサージ以外にもアロマテラピー、エステ、スポーツトレーニングなどのさまざまな用途に使用されています。

今後どのような発展を遂げていくのか

前項では多様な用途のマッサージベッドがあるとご紹介しました。 整体用、エステ用、アロマテラピー用、持ち運び用、スパやサロン用、低反発用、挙げればきりのないほどの種類が出てきています。 その中でも注目なのが、カイロベッドや施術用のベッドです。 日本の高齢化はどんどんと進み、人口の比率からすると当然のごとく、必要になってくるベッドなのです。 足腰に負担がかからないように、自動昇降機能がついているものも出てきています。 高価なものですが、今後普及するようになれば、価格も落ち着いてくるでしょう。 高齢者の患者さんが数ある治療院を選ぶにあたって、カイロベッドが極めて重要な判断材料となっていることをご存知でしょうか。 患者さんがただ受け身でいる時代は終わり、よりよい施術効果を求めて治療院を選ぶようになってきたのです。 時代に合わせてマッサージベッドも発展していくことが分かります。