介護を行う

車椅子で建物の段差を移動する際には車椅子用電動昇降機があると便利ですよ!快適な乗り心地でストレスになりません。レンタルはこちらから!

介護職員初任者研修とはある意味落とし穴のような資格だと考えられます。

 今社会の中で問題となっていることは高齢化、つまり高齢者が増えることで、それに伴い、要介護者が増えることは避けられない状況になっております。以上のような時代背景をもとに発展し、成立したものが介護職員初任者研修という資格です。この資格は数年前のホームヘルパーという資格よりさらに専門性を追求した資格となっております。  勿論介護職員初任者研修を取得しようと考える人は多いですが、それ以上に要介護者の数が多くなることが考えられ、今後はもっと要介護者の支援に介護専門職の数が追いつかないことが考えられます。しかも、ホームヘルパーより取得が難しいがためにが新たに介護専門職に携わる人の数少なくなることも考えられます。つまり、介護職員初任者研修という専門性を求めた資格を作ったがために、介護という社会的なニーズにますます追いつかなくなることが将来この社会に起こると考えられるでしょう。

そもそも介護における専門性とは何でしょうか。

 そもそも介護とはこうしなければならないというバイブルはないのです。中には介護職員初任者研修の過程の中で教わった介護ではない、自分に合ったもしくは自分が好んだ介護をおこなってほしいと抱く要介護者もいるのです。  介護とは要介護者の社会生活をサポートするために行うものなのです。そのため、要介護者のニーズに沿うために介護は成り立っていると言えるのです。つまり、介護に携わる人は要介護者の思いに寄り添う立場にあります。決して要介護者より上の立場に立ってはなりませんし、時には本人の意向より研修で習った通りの介護を行わないこともあるでしょう。  しかし、より専門性を追求した介護職員初任者研修では、要介護者のニーズを大切にすることの重要性をより強調した訳ではありません。そのため、介護に携わる人は要介護者を主体に介護することが気をつけるべき点として挙げられるでしょう。  つまり、より緻密な介護方法はある意味現場では役立たないこともあることが言え、それが決して緊急に対応すべき社会ニーズともいえないことが分かります。

ピックアップ

多くの介護者

ホームヘルパーは、介護職員初任者と呼ばれ、非常に大きな存在として社会に受け入れられている状態にあります。自宅での介護を要求する方々歯年々増加傾向にあるため、介護者の数の増加は必要なことだと言えるのです。

詳細を読む

車いすの問題

車いすの利用を行う上で非常に重要な存在が、段差解消機です。この段差解消機を利用していく事で、車いすの持つ問題を大きく改善していく事が出来ると言えるのです。年々利用者は急増している状況にあります。

詳細を読む

介護の必要性

自宅での介護を行う場合には、自宅そのものを大きく介護仕様にする必要が存在する場合があります。介護のし易い環境作りは非常に重要な部分だと言えます。どのようなリフォームが良いのか、それぞれ計画刷るとよいでしょう。

詳細を読む

バリアフリー

バリアフリーとは、介護を受ける側にとってはとても必要な環境だと言えるでしょう。健常者が胃に介さない段差であっても、看護を受ける側にとっては大きな障害になりえるのです。

詳細を読む

ベッドの進化

介護用ベッドの発達は、介護者の増加に比例する形で急速に発展していく事になった。マッサージベッドなどの利用者にとって出来るだけ快適な状態を提供することが出来る事が、ベッドの持つ大きな意味と言えます。

詳細を読む

オススメリンク